看護婦の転職・求人サイト

基礎知識編 転職の相談をするには

看護婦さんが転職しようと思ったときに、まず何をするのでしょうか? 既に離職されていればハローワークに行くことになります。 そこで求人票を検索しながら、相談員の方に斡旋先を紹介してもらう・・・。 しかし、提供されている情報は、地域限定だったりします。 オンラインで全国の求人を検索できるようにはなっていますが、職員に聞いても地域外の情報は判らないことがほとんどです。 やむなく、地元の病院に納得できない条件で、転職せざるを得ないなんてことが起こります。

次に参考にするのは、就職・転職の情報誌です。 これは、求人情報量はかなりたくさん広範囲に提供されています。 しかし、求人の中身については情報量が限定されますし、何より、相談者がいませんので一人で判断し決めなければなりません。 履歴書の書き方から、面接の受け方、相手先との交渉にいたるまで全て一人で解決しなければならないのは、かなりの負担です。 離職後で時間に余裕があれば、書店でその辺りのノウハウを書いてある本を買って勉強も出来るのですが、働きながら転職する場合には時間的な余裕がありません。

友人・知人のコネを頼りにする方法もあります。 有力なコネがあれば、かなり成功率は高いのですが、それがなければ実現できません。 また、頼った友人・知人との人間関係によっては、逆に不自由な側面も出てきます。義理があるので、何があってもそこを辞められなくなるとか・・・。

そう考えると、転職情報サイトを利用することがベストの選択になります。 転職情報サイトでは、まずあなたの希望を聞くことから始まります。 あなたにとって納得できない職場を斡旋することが無いように、あなたの希望を第一に考えてくれます。 情報量も豊富です。病院側の都合などで表だって募集をかけられないような裏情報もたくさん持っています。(実はこれがほとんどです。) 履歴書の書き方や、面接の受け方までレクチャーしてくれます。 実は、履歴書や面接というのは採用側の事情がいろいろ絡みますので、その辺の裏情報もないと難しいものなのです。 同様に採用条件の交渉などは、相手側の事情がわからない素人には、不可能というか、逆に嫌われる結果になったりしますので、プロにお任せしたほうが、上手くいきます。 また、看護婦さん側から働きたい職場を「逆指名」して、交渉してもらうことも可能です。
転職後のアフターフォローもしてくれますので、どうしても合わない職場だったりしたときには、相談に乗ってくれます。 これだけ至れり尽くせりなのに、費用はまったくかかりません。


▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護婦の転職・求人サイト All Rights Reserved.