看護婦の転職・求人サイト

基礎知識編 新卒・第二新卒のケース

新卒や第二新卒の看護婦さんにとって有利な点とは何でしょうか? やはり、各医療機関にとって新人であることは、そこでの業務のやり方を一から教えて成長させられる点にあります。 比較的看護士の数がおおくて、日々の勤務体制に余裕のあるところは、教育に熱心です。

スキルアップを支援するという面もあるのでしょうが、やはりその病院で使える人材を養成する点にあります。 全ての業務をこなせるような看護婦を育てるのではなく、その病院で過不足無く働けるための看護婦を作る事が目的です。 よくA病院ではバリバリ働いていたのに、B病院に移ったとたんにまったく働けなくなるというのは、このことに原因があります。 A病院でやっていたこと出来ていたことが、B病院ではまったく必要なければ、ただの新人に逆戻りです。 但し、そのことを気にしないで、その病院で取りあえず働くことを目的としていれば、新卒というのは就職するには有利な条件です。

もう一つの有利な点とは、新卒や第二新卒の看護婦さんというのは、大体独身者でしょうから、条件をつけずに働ける点です。 当然既婚者だったら色々条件をつけないと働けなかったりします。子供がいたら尚更です。
その点、独身の新卒・第二新卒の看護婦さんなら、寮に入ることも可能ですし、お給料や福利厚生で特別優遇しなくても、大丈夫だと考えられています。 当然、各医療機関が第一に触手を伸ばしてくる対象であることは、自明の理といえるでしょう。

では、新卒や第二新卒の看護婦さんの不利な面とは何でしょうか? 最初の有利点とは逆になりますが、即戦力にならない点でしょう。 医療機関によっては、新人研修に力を入れられない事情があるところがあります。 それらのところでは、入職後すぐにシフトに入って業務に従事できる人材を欲しています。 出来る限り全般的な業務に精通していて、一人前に働ける看護婦さんを求める医療機関では、新卒や第二新卒の看護婦さんは概ね採用しません。

転職情報サイトでは、新卒や第二新卒の看護婦さんの就職についても、力を発揮してくれます。 その病院が経験者を求めているのか、未経験者でも可能なのかは、外からでは判断つかない場合があります。 サイトで無料登録すると、専任のコンサルタントさんが、新規の就職についても相談に乗ってくれます。 看護学校でも斡旋はしてくれますが、情報量や自由度には欠けます。 コンサルタントさんは、業界の事情に精通してますから、安心して任せられます。 もちろん、たくさんの情報の中からあなたの希望に合った就職先を見つけることが出来ます。

>> 人気の「看護婦転職サイト」一覧を見てみる!(TOPページへ戻る) <<



▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護婦の転職・求人サイト All Rights Reserved.