看護婦の転職・求人サイト

基礎知識編 オススメの転職・就職方法は

看護婦さんにとって、おススメの転職・就職方法は何でしょうか? 他の一般社会人の転職・就職とは何が違うのでしょうか?

やはり、看護婦さんのお仕事と他のお仕事の違いは、勤務体制にあると思います。 2交替もしくは3交替での勤務というのは女性の職業では多くはありません。 特に、3交替での準夜勤と深夜勤は夜中の交替になりますし、2交替では途中仮眠をとる時間はありますが、16時間の勤務になります。 若いうちは体力もあるので何とかなりますが、年を経るごとにとても大変なお仕事になります。

もうひとつ特徴的なのは資格を持たないと出来ない職業なのですが、資格を持っていても、安穏としていられない、非常に技術の更新が激しい世界なのです。

医療の技術は日進月歩で、3年も現場を離れていると、医療機器も薬も新しいのがどんどん導入されていて、追い着くのがやっと、というような状態になります。 日々の勉強をずっと続けていかないと、資格者としての価値が薄れていく、そんな厳しい職業でもあります。

そして三つ目は何といっても「女性が多い」職業だということでしょう。 「看護婦」というくらいですから、元々女性の職業です。 最近は男性も増えてきたといっても、まだまだ8割から9割以上が女性の勤務する職場です。
そうすると女性特有の人間関係の難しさが出てきます。 独身者がいれば既婚者もいる、それぞれ立場が違う人たちが、一緒にローテーションを組んで仕事するわけですから、難しい問題が出てきたりします。

看護婦を辞めてしまう理由の上位に必ずくるほど、深刻化する可能性が高いのです。

そんな看護婦さんの転職・就職方法で、まず考えなければならないのは、どんな働き方をするのかということです。 一口に看護婦さんの職場といっても、かなり選択する範囲は広いです。 病院からクリニック、介護施設や保育施設、一般企業から旅行の添乗員みたいなものまで種種雑多にあります。 正職で働くことはもちろん、派遣社員やパート・アルバイトまで働き方も選べるのです。

どんな働き方をするのが良いか、まず自分の現状と照らし合わせて、よく考えてみることです。

その上で、転職情報サイトの無料登録をして、プロのコンサルタントさんに相談してみましょう。 コンサルタントさんは親身になってあなたの相談に乗ってくれます。 内部事情にも詳しいので、なかなか表に出てこないレアな情報もたくさん持っています。

登録はとても簡単ですから、一度試しにコンサルティングを受けてみましょう。

>> 人気の「看護婦転職サイト」一覧を見てみる!(TOPページへ戻る) <<




▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護婦の転職・求人サイト All Rights Reserved.