看護婦の転職・求人サイト

こんな条件でも大丈夫? 夜勤アルバイト勤務

「日中は学校に通いたいから、夜だけ働きたい」「親が病気で寝たきりなので、日中は看病で忙しい」 など、昼間は他の用件で働けないので、夜だけ看護婦として働ける勤務先を求めている方も多いと思います。 いずれも「学校が終了すれば」とか「親が回復すれば」など、日中の要件は期間があって、いずれは通常の勤務に戻らなければなりませんから、夜勤専従ではなく、夜勤のアルバイトという事になるかと思います。

夜勤のシフトは体力的にも大変で、夜中の出勤や、16時間の連続勤務など、その要員を確実に確保する事は病院側も頭を悩ませています。 看護婦さんの産休などで、シフトに穴が開いてしまった時に、日勤の分は比較的簡単に補充できますが、夜勤の分となると、内部から補充するのはかなり難しくなります。 そこで、外部からアルバイトの要員を補充するわけです。 期間限定であったり、欠員が出たときだけの単発だったりと、募集の用件もまちまちで、お給料も時給制から、日当制までいろいろあります。 但し、一般的な夜勤のアルバイトより、かなり条件は良いはずです。

自分のライフスタイルや諸事情に合わせて、働き方を選択する事は今では常識的です。 雇用する側にとっても、自由な働き方をしてくれるアルバイトの要員は、経営上もありがたい存在で、たくさんの病院で採用しています。 社員に対する福利厚生などとは無縁になってしまいますが、その分縛られる事もありません。 長期間連続で働くわけでは有りませんから、人間関係もドライにやっていけます。 上司の指示には従わなければなりませんが、いらぬ気遣いは必要ありません。 夜勤ですから、日中のような忙しさはありませんし、急患さえなければのんびりとした勤務内容で働けます。

しかし、中には劣悪な条件でアルバイトを働かせるような医療機関もありますから、事前の調査は必要です。 お給料以外の勤務条件も特に細かく決めませんので、働いてみたら内容が違っていたという事も有り得ます。 転職情報サイトを利用すると、アルバイトで働きたい方にも丁寧にアドバイスしてくれます。 募集内容の確認や、条件交渉まで、あなたに代わって病院側と掛け合ってくれます。 勤務後のフォローもしてくれますので、アルバイト終了後は正社員の看護婦として働きたいなどの希望にも応じてくれます。 長期間アルバイトだけの勤務実績では、いざ就職しようとしても難しかったりします。 転職情報サイトでは、あなたの専任のコンサルタントさんがあなたの将来についてもアドバイスしてくれますし、正社員としての就職活動も全面的にバックアップしてくれますので、とても安心です。

>> 人気の「看護婦転職サイト」一覧を見てみる!(TOPページへ戻る) <<



▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護婦の転職・求人サイト All Rights Reserved.