看護婦の転職・求人サイト

こんな条件でも大丈夫? 安心の院内保育

結婚・出産を経て、看護婦として復職されている方、復職を希望されている方はたくさんいらっしゃると思います。 看護婦の資格をとるための苦労を考えたら、それを無駄にしてしまうのはもったいないことです。 しかし、実際には子供をもうけてしまうと、子育てに追われて休職なり退職なりを選択せざるを得ないのが現実です。 結婚して子供をもうけることは、女性にとって夢でもあり、他に変えることが出来ない貴重な体験でもあります。 仕事か家庭かの究極の選択ではなく、仕事も家庭も両立させたいのが多くの看護婦さんの望みだと思います。

昨今の待機児童の問題を持ち出すまでもなく、保育所というのは絶対数が足りません。 絶対数だけでなく、職場環境によって選べる範囲というのがあるわけですから、通勤経路から大きく離れた保育所に空きがあっても、預けることは出来ません。 親族が住まいの近くに住んでいて、いつでも面倒を見てくれるようなラッキーな方々以外は、みな同じ問題に直面しています。

そこで、資金力がある大病院などでは、施設内に院内保育所を設けています。 院内に保育所があるのならば、子供同伴で通勤すればいいのですからとても楽です。 仕事中に子供に何か急変があってもすぐに駆けつけることが出来ますし、子供の顔を見ながら仕事が出来る安心感は、一般の保育所に預けていては得られないものです。 何より、病院の付属施設としての保育所ですから、その保育体制にも安心できます。

但し、何の問題もないわけではありません。 一般の保育園は、ただ子供を預かるだけではなく、教育的な効果も提供してくれます。 そのためのノウハウも蓄積していますし、カリキュラムにも工夫がされてます。 たくさんの子供の中である意味揉まれて育つことは、子供の成長過程では欠かすことが出来ない体験です。 そういう側面は、院内保育ではあまり期待は出来ません。 あくまでも、病院内で勤務している方のための施設という枠の範囲内でしかありません。

子供がある程度の年齢に達したら、一般の保育園か幼稚園に入れる必要はあるのかもしれません。

いずれにせよ、病院側も看護婦獲得のため、院内保育所を設けるところが増えています。

求人情報を見て選ぶことも可能ですが、やはり、その中身は気になるところです。 保育士の方の人柄とか全体の雰囲気とか、どうしても知っておきたいものです。 転職情報サイトなら、無料でその辺の相談に乗ってくれます。 業界情報に精通したコンサルタントさんが、内部情報についてもつぶさに教えてくれますから便利です。

>> 人気の「看護婦転職サイト」一覧を見てみる!(TOPページへ戻る) <<



▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護婦の転職・求人サイト All Rights Reserved.