看護婦の転職・求人サイト

こんな条件でも大丈夫? 公的病院・企業病院

病院には大きく分けて2種類あります。 国や地方自治体が運営する公立病院と民間の医療法人等が経営する私立病院です。 公立病院は当然公的な存在として税金によって運営されています。 国や地域での医療機関の中核的な存在で、先端的な医療も行っていますので、一般的にレベルは高いです。 公立病院に勤める看護婦さんは公務員です。正確には「準公務員」と呼ばれますが、中身的には同じです。 公務員同様、採用試験にパスしなければなりませんので、簡単に就職することは出来ません。 お給料も税金で賄われますから、極めて安定的で、ボーナスなども確実にもらえます。 その身分についても公務員同様、保証されていて、特別な不祥事などを起こさない限り、突然リストラされたりということは無い事になっています。

一方の私立病院も、その運営は診療報酬で賄われるわけですから、公的な側面はあります。 特定の個人や団体だけを診療することは出来ず、その地域の中で、地域医療の一端を担っていることは公立病院と同じです。 しかし、あくまで民間法人である以上、利益は追求します。医療機器も看護婦さんのお給料も自腹で賄わねばなりません。 そのため、看護婦さんの待遇も、病院によりまちまちです。 たくさん利益を上げている病院は、看護婦さんにも高待遇を提供できますが、そうでないところは、あまり良い条件は出せません。 お給料はもちろん福利厚生もボーナスも、病院により差があるのは仕方がありません。 中には民営であるメリットを出して、アットホームな職場環境を構築して、教育体制なども独自のものを実施している病院もあります。 社宅の借り上げなどをして、寮よりも良好な住宅を提供しているところもあります。

さて、看護婦さんの就職・転職先としては、どちらが望ましいのでしょうか? 高いスキルや、安定した収入を望む方は公立が望ましいでしょう。 しかし、入職するためには、高い競争率を勝ち抜かなければなりません。 また、公立の大学病院などは、インターンの医学生が多いため、なかなか仕事をさせてもらえないなどの問題もあるようです。 少子高齢化による医療危機で、経営難に陥る公立病院も増えてきました。 民間も医療危機の影響で、経営的に難しい病院も多数存在してきました。当然採用条件も劣悪になります。 先端的な医療に取り組む病院もありますが、数的にはまだまだ多くはありません。

個別の病院の内部事情は、転職情報サイトでコンサルタントさんに聞いてみるのが一番でしょう。 個人では、希望する病院の経営状態までは知ることが出来ません。 無料登録で、プロのコンサルティングをうけた上で、公立か私立かを判断しましょう。

>> 人気の「看護婦転職サイト」一覧を見てみる!(TOPページへ戻る) <<



▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護婦の転職・求人サイト All Rights Reserved.