看護婦の転職・求人サイト

基礎知識編 保険師のお仕事とは

「保健師」とは、看護婦さんがそのキャリアアップのために目指す資格としては最も目指しやすい資格ではないでしょうか。 元々、看護婦のお仕事の延長線上で伝染病予防のための地域住民に対する保健指導や、妊産婦に対する補助業務を行ったことがその発端としている職業なので、看護の知識はそのまま生かせます。

保健師は、看護師試験に合格後した看護婦さんが、1年以上の保健師養成課程の学校を終了するか、大学で保健師養成の勉強をして、看護試験と同時に受験して国家試験に合格する必要があります。 特に、実務経験等の要件はありませんから、公衆衛生等の勉強をしっかりやれば、難易度は思ったほど高くはないようです。

保健師の資格者で最も一般的な職業は学校の養護の先生です。 養護教諭の資格は、保健師の資格を持っていれば、誰でも申請だけで貰えます。 但し、実際に仕事につくためには、公立の学校なら公務員採用試験、私立ならその法人の採用試験に受からなければなりません。 だから、そのための勉強は必要になってきます。 養護の先生というと、保健室で生徒たちの病気やケガの治療や看護だけが仕事みたいに思われていますが、実際には教員たちの健康診断やメンタルヘルスのケア、学校内の衛生管理や安全対策そして環境汚染対策まで幅広く担当します。 最近では特に、スクールカウンセラーとして、イジメや登校拒否などの実態把握のためにその存在が重要視されています。

もう一つ比較的多い保健師の仕事としては、企業の医務室などで、従業員の健康管理をする「産業保健師」と呼ばれる仕事があります。 健康診断の実施や、そのデータに基づく健康管理計画を作ったり、労働環境の改善のための調査報告をしたりなど、重要な役目を負っています。 不景気による労働環境の悪化で、過労死やうつ病による自殺などが増えていますので、そのためのメンタルヘルスケアが、どこの企業でも必要としています。 一見地味な企業保健師ですが、単なる「医務室の看護婦さん」という範疇を超えて、企業の中でたくさんの仕事をしています。 就職するためにはその企業の採用試験に受からなければなりません。 その代わり、受かればその企業の社員として安定した雇用を約束されます。

保健師を目指す看護婦さんは、是非、転職情報サイトでコンサルティングを受けてみて下さい。 たくさんの求人情報を揃えていることは当然ですが、それ以前の保健師資格取得の段階からあなたをサポートしてくれます。 看護婦の転職をコンサルティングしていますから、あなたの看護婦としてのキャリアを最優先に考えて、保健師へのステップアップも応援してくれます。

>> 人気の「看護婦転職サイト」一覧を見てみる!(TOPページへ戻る) <<



▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護婦の転職・求人サイト All Rights Reserved.