看護婦の転職・求人サイト

基礎知識編 補助看護師とは

補助看護師とは看護助手とも呼ばれ、その名のとおり、看護婦さんの補助的な仕事をする職業です。 具体的には介護施設のヘルパーさんのような仕事が主です。寝たきりの患者さんの体位変換、清拭、シーツ交換など、体力が必要な仕事が多いです。 (本当は、体位変換や清拭などの患者さんに直接触れるような行為は出来ないことに成っているようですが・・・) そのほかには、食事配膳やお茶だし、外来の受付や検査施設での誘導なども行います。

資格は特にありませんので、まったくの初心者でも仕事は出来ます。 但し、「下働き」の要素が強いですから、実際に続けて働くとなるとかなりしんどいのではないでしょうか。 本当に看護婦の仕事がしたいのならば、看護学校に通って勉強して看護士資格を取るべきでしょう。 そのための準備として、実習的に働いてみるというのならば、求人はたくさんありますし、すぐにでも取り掛かれます。 本来は看護婦さんのお仕事なのですから、志があればやってみて損をすることはないと思います。

また、病院などによっては、看護助手として働いてもらう代わりに、お給料以外に看護学校の学費も負担してくれるところがあるようです。 世の中には、看護婦になりたくても、家庭の事情で看護学校の学費もままならない方々がいますので、なかなか、すばらしい制度ではあります。 但し、卒業後のお礼奉公はあるようですが、そこで一生懸命働くと、正看護師になるための学校に入る学費まで面倒見てくれる病院まであるようです。

いずれにせよ、看護助手を目指してその仕事につく人は少ないと思います。 「将来は看護婦になりたい」という目標を持った上での求職となりますが、それでも覚悟が必要な仕事の中身です。 人間関係も難しいですし、屈辱的な扱いを受けることもあります。 それでも「医療関係の仕事を目指す」という志があれば、続けられるかもしれません。

転職情報サイトに登録すると、その辺の事情も相談にのって貰えます。 求人は件数的にはかなりありますが、上記のような理由で、待遇はまちまちですから、まず、コンサルタントさんにいろいろな裏情報など、病院側の内部事情を教えてもらったほうが良さそうです。 全てのコンサルティングは無料で受けられますから、気兼ねなく相談してみて下さい。 また、入職後のアフターフォローもしてくれますので、「学校に入りたい」のような相談はもちろん、「辛いから辞めたい」「職場を替えたい」などの相談も気軽に出来ますからとても安心できると思います。

>> 人気の「看護婦転職サイト」一覧を見てみる!(TOPページへ戻る) <<



▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護婦の転職・求人サイト All Rights Reserved.