看護婦の転職・求人サイト

基礎知識編 派遣という働き方

派遣という働き方は、一般に現状ではイメージは良くありません。 働く側にしてみれば、「派遣切り」の言葉に代表されるように、低賃金で働くだけ働かされて、いらなくなったらすぐ解雇される・・・そんな印象だと思います。 雇う側や正職員側から見れば、業務上の責任から逃れて勝手に仕事をやっている、先輩も後輩も無いから病院内での規律を乱すもの・・・などでしょうか。 確かに、派遣社員は経営的に厳しい局面では、正職員に代わって真っ先に解雇される存在です。
「職場の掟」にあまりとらわれず、義理や人情とは無縁の働き方を選択している存在でもあります。

しかし、人材不足が深刻な現在の医療業界では、派遣の看護婦さんという存在は無くてはならないものになっています。 看護婦さんの仕事は概ね交替制で勤務しています。 そのため、人手不足だったり、急に欠員が出来てしまったときなどに、シフトに余裕がなくなってしまいます。 シフトに余裕がないと看護婦さんが無茶な労働を強いられるようになるので、代わりの看護婦さんにもなかなか来てもらえない・・・という状況になってしまいます。 それを解決するために、あらかじめシフトに余裕が持てるよう、派遣社員で補充しておくということになります。 経営的に厳しい状態の病院などは、このようなシフトの余剰人員の人件費を抑制するために派遣社員を雇わざるを得ないわけです。

派遣社員と言っても、看護婦さんは資格が無ければ出来ませんので、ずぶの素人ではありません。 どちらかといえば、キャリアがある即戦力社員が多いわけですから、雇用主にとっては願っても無い人材です。 現場でも、忙しいときに的確な仕事をこなしてくれる、そんな派遣社員の看護婦さんは皆暖かく歓迎してくれるものです。

新しい働き方としての派遣社員は増えることがあっても減ることは無いでしょう。 派遣会社の正社員として働くことで、条件面でもかなり優遇されてきています。 元々、若い看護婦さんの中には、職場の人間関係にとらわれたくないと考える人も増えていて、派遣という働き方がどんどん選択されて来ています。

転職情報サイトでは、派遣社員の求人にも対応しています。 派遣会社からの求人には、中身が良くわからないことがあったりしますので、サイトに無料登録して、コンサルタントに相談すると、親身になってその辺の詳しい情報を提供してくれます。 派遣会社に直接申し込む前に、一度転職情報サイトのコンサルティングを受けてみて下さい。
せっかく自由度の高い働き方を選択しても、希望通りに行かなかったなんて事の無いように・・・。

>> 人気の「看護婦転職サイト」一覧を見てみる!(TOPページへ戻る) <<



▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護婦の転職・求人サイト All Rights Reserved.