看護婦の転職・求人サイト

こんな条件でも大丈夫? 教育体制が充実

看護婦さんになるための教育機関というのは、他の資格職業と比べても、圧倒的に充実しています。 準看護師養成の看護学校、正看護師の看護学校、看護系短大、看護系大学、それに高等学校の衛生看護科などもあります。 これらの学校で看護に関する勉強をした後に、国家試験に合格して看護婦になるわけですから、その資格は貴重です。 ですから、晴れて看護婦として病院に勤務するようになった後でも、常に色々な看護技術を学べるように、各病院では教育の機会を設けています。 せっかく苦労して看護婦になっても、すぐに実際の看護業務をバリバリこなせる様になるわけではありません。 実務に即した研修がなければ、どんなに優秀な看護婦さんでも、即座に挫折してしまいます。 そのように離職してしまう人が後を経たないので、医療機関では慢性的に看護婦不足に悩まされているわけです。 そこで、看護婦数を維持するために、各病院では、かなり充実した看護教育を施しています。 「カンファレンス」と呼ばれるグループワークも一種の教育研修です。 そのものずばり「業務研修会」と言うことで、常に新しい医療技術に対応できるよう、研修を重ねている医療機関もあります。 さらに、上級の学校への進学について、積極的にサポートしてくれる病院もあっったりして、他の業界と比べてみても、医療業界は「教育熱心」だとはいえます。

しかし、その教育の内容やレベルはまちまちではあります。 確かに、さほど高いレベルの治療をしていない病院では、高いレベルの教育も必要ないわけです。 逆に、先端的な高度医療を施しているような病院では、高いレベルの看護技術も必要になります。 規模が小さいクリニックのようなところでは、教育にかける資金的・時間的余裕がありませんから、看護婦もベテランを揃えて業務を行っています。 いずれにせよ、われわれ外部の人間には、その病院でどのような教育が行われているのかは、なかなか判りません。 求人に「教育制度充実」などと書いてあっても、どのレベルなのかは判別できないわけです。

そこで、転職情報サイトを利用してみましょう。無料登録でプロの専任コンサルタントさんが、あなたに情報を提供してくれます。 希望する病院にはどのような教育体制があるのか、そしてそのレベルはどのくらいなのか。資格取得に熱心でサポートしてくれるのかなど、求人情報だけでは判らないその病院の内部事情にも精通していますので、コンサルタントを受けながら、あなたのレベルに合わせた看護婦としての将来設計を描くことができる様になります。

>> 人気の「看護婦転職サイト」一覧を見てみる!(TOPページへ戻る) <<



▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護婦の転職・求人サイト All Rights Reserved.