看護婦の転職・求人サイト

こんな条件でも大丈夫? クリニックに勤務

クリニックに勤務することは、ある意味看護婦さんにとって理想の職場であります。 土・日・祝日はほぼ休みですし、夜勤や残業ともほとんど無縁です。 患者さんの数も多くはありませんし、特に問題なければアットホームな雰囲気でストレスの無い職場です。 収入も夜勤や残業分の手当がつかなくなる分、少し減りますが、少なすぎることはありません。 逆に、労働量から見ればかえって好条件というところが多いようです。

このように良い事だらけのクリニック勤務ですが、いざ転職しようとすると難しい問題があります。 求人数は本当にたくさんあるのですが、採用条件が大抵厳しいです。 なぜかと言うと、そのような小規模クリニックでは、看護婦さんに細かな教育を施す資金的・人的・時間的余裕がありません。 そうすると必然的に即戦力の経験者のみの採用となるからです。 大きな病院である程度の経験を積んできたと思っていても、即戦力になれるとは限りません。 大病院では大抵分業で仕事をこなしますので、クリニックの日常的な業務の中では当たり前のような事でも、まったく経験していない事が有ったりします。 クリニック勤務では全ての事を担当出来なければならないのです。 そういう意味で、即戦力という採用基準は、結構ハードルが高いわけです。

また、向上心の旺盛な看護婦さんには、クリニック勤務は向かないかもしれません。 クリニックはほとんどが小規模経営でやっていますから、先端的な医療技術とは大抵無縁です。 例外的なところを除けば、医療機器でさえ一昔前の物だったりしますから、高度な医療技術を学びたいと思っても無理があります。 時間的な余裕は有りますから独学することは可能ですし、院長が理解してくれれば、学校に通う事も出来るでしょう。 しかし、日常的に高度な医療技術と無縁である事は、ハンディキャップになります。

もう一つのデメリットは、「アットホーム」過ぎる環境から来る、人間関係の難しさかもしれません。 冒頭に書いたように、うまくいけばノンストレスで働けますが、院長や同僚との関係構築に失敗すると、逆に非常に居ずらい職場となり、過剰なストレスを背負い込む事になります。

転職情報サイトでクリニック勤務を探す場合には、以上のような点を注意してください。

検索だけではなく、無料登録するとコンサルタントに相談できますから、ざっくばらんに質問して下さい。 各クリニックの内部情報にも詳しいので、的確なアドバイスを期待できます。 事前に万全の調査をして、クリニック勤務を理想の職場にして下さい。

>> 人気の「看護婦転職サイト」一覧を見てみる!(TOPページへ戻る) <<



▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護婦の転職・求人サイト All Rights Reserved.